Q:Q,うつぶせ寝は どうしていけないの?

A,「子供のうつぶせ寝はキケン」という話を聞くことは多いですが、そもそもなぜうつぶせ寝をしてはいけないのかと疑問に思ったことがある人は多いはずです。

そこで今回はうつぶせ寝の危険性について解説していきます。

<h2>うつぶせ寝にはいくつかリスクがある</h2>

大人がうつぶせで寝てもたいして問題ないですが、子供がうつぶせ寝をするのにはある程度リスクがあります。

  • 窒息
  • SIDS(乳幼児突然死症候群)

どちらも死に直結してしまうリスクを伴うので、うつぶせ寝はキケンだと言われています。

<h2>うつぶせ寝のリスク①:窒息</h2>

大人はやわらかい布団で眠るのはとても気持ちがよいものです。疲れも取れますし、むしろ柔らかい布団を選んでいる人も多いでしょう。

ただ、赤ちゃんの時は筋肉が未発達のため、柔らかい布団はおすすめできないのです。例えば寝返りでさえも赤ちゃんには難しいのです。

首が座り、腰がしっかりしてくると寝返りをすることができるようになりますが、寝ている最中はそれが難しいかもしれません。つまり、苦しくても寝返りできないだけでなく、柔らかな布団で力が入りにくくなってしまうのです。

そのため、うつ伏せのまま窒息してしまうリスクがあるので、うつぶせ寝はキケンと言われています。

<h2>うつぶせ寝のリスク②:SIDS(乳幼児突然死症候群)</h2>

そして一番気になるのが、SIDS(乳幼児突然死症候群)です。これはなんの前兆もなく突然赤ちゃんが亡くなってしまう病気ですが、原因は未だ解明されていません。

ですが、このSIDS(乳幼児突然死症候群)で亡くなっている赤ちゃんの多くがうつぶせ寝の時に症状が出ている傾向があるため、赤ちゃんは仰向け寝が推奨されています。

また、SIDS(乳幼児突然死症候群)については厚生労働省からも文書がでており、1歳くらいまではうつぶせ寝をさせないようにと推奨されています。

<h2>寝ていても自由に寝返りできれば基本的には問題ない</h2>

ただ、四六時中みていることはできません。そこで、うつぶせ寝になってしまっても大丈夫なポイントとして、寝ていても寝返りなどを自由にすることができれば問題ないと言われています。

ですので、寝返りがしっかりできるようになるまでは、柔らかい布団は避け、できるだけ子供が寝返りしないように注意したりアイテムを使用しながらうつぶせ寝を避けることをおすすめします。

Q:子どもにはどんなおやつを食べさせたらいいでしょうか?

A,ミルクだけを飲んでいた頃から、離乳食を食べるようになり、次第に食べ物にも慣れた頃に考えるのが「おやつはどんなものをあげるべきなんだろう?」というところです。

大人のお菓子を初めてのおやつとしてあげるのはNGというのはわかっても、はたしてどんなものがおやつなんだろうと頭を悩ませるはずです。そこで今回は子供のおやつについて解説していきます。

<h2>おやつ=お菓子ではない</h2>

おやつといわれると甘い大人のものを想像しがちですがそうではありません。第四の食事とも言われていますが、実はおやつには重要な役割があります。

ご飯だけでは補うことができない栄養素を補うという役割です。赤ちゃんの体は大人ほど大きくないので3食だけの食事では栄養を摂りきることができないかもしれないのです。

そこで、その足りない栄養素を補ってあげるためにおやつをあげるので、決して甘いお菓子やスナック菓子などをあげれば良いというわけではないのです。

<h2>おやつを選ぶ時のポイント</h2>

おやつを選ぶ時のポイントとしては、甘すぎず、低脂肪なものがおすすめです。また、ビタミンなどの栄養素が摂取できるのがおすすめです。歯が生えてきたらかみごたえがあるものをセレクトするのもよいです。

<h2>子供におすすめのおやつ</h2>

フルーツや芋類、豆などお野菜をおやつにするのがおすすめです。また、乳製品の摂取もよいです。

季節感のある野菜を食べることでたくさんの味をしる練習にもなりますし、食べられるもの苦手なものを見極めるのにも使えます。

例えば、小麦粉に野菜を入れてあげてお好み焼きのようにしてあげても食べやすいですし腹持ちもしやすいのでおすすめです。

ただし、おやつをあげるタイミングはしっかりと考えないと次の食事に響いてしまうため、結果的に栄養が偏ってしまいます。ですので、おやつのタイミングと食事のリズムをつけて栄養バランスの整った食事を心がけるようにしましょう。

Q:Q,おはしはいつごろから 使い始めるの?

A,スプーンやフォークを使いこなせるようになってきたら、いよいよ箸の練習をはじめようという人も多いのではないでしょうか。ただ「無理に教えても意味ないし…いつから始めればいいんだろう?」と頭を悩ませている人もいるはずです。

「そもそも、箸はいつから使えるの?」という疑問もあると思いますので、今回は箸が使える年齢や始めるタイミングについて解説していきます。

<h2>お箸が使える年齢はさまざま</h2>

お箸が使える年齢は様々です。2歳から始める人もいると思いますが、3歳からはじめてもいいですし、5歳から始めても問題ありません。

例えば保育園でトレーニングがあるという子供はお箸を比較的早く使えるようになるかもしれません。ですが、別に使えないからといって焦る必要はないんです。

何歳からというよりも、お箸が使えるタイミングを見極めてお箸を教えてあげるのがおすすめです。

<h2>お箸が使えるポイントは手先が器用なこと</h2>

今お子さんがお箸を使いこなせるかを見極めるかのポイントとしては「手先が器用であるか」です。スプーンやフォークと違い、箸はかなり複雑な手の動きをします。

ですので、手先が器用な子供ほどお箸を使えるタイミングが早いです。手先が器用なポイントとして、手で数字を表すことができるようになっていればお箸に切り替えて練習してもよいころといえます。

また、スプーンやフォークを大人と同じ持ち方で持てるようになっているというのもお箸に移行するポイントです。

<h2>お箸の練習は遊びから入っても良い</h2>

お箸はご飯を食べるものなので、他のことに使いたくないというパパやママも多いと思いますが、遊びから教えるのもおすすめです。

お箸を上手に使って他のものを掴んでいるうちにお箸の使い方がわかるようになります。また、最初からお箸でなくともまずは手先を鍛えることも大切です。

今は手先を鍛えるおもちゃはたくさんあります。もちろん作ることもできます。ですので、まだお箸のステップに進むには早いなと感じたらおもちゃなどで手先を鍛えてみましょう。

ただ、お箸の練習は焦る必要はありません。本人がやりたいという気持ちが大切なので、気持ちを尊重してあげながら練習してみてください。

Q:Q,スプーンを使えるようにする にはどうしたらいいの?

A,手掴み食べにも慣れてきたらいよいよスプーンデビューではないでしょうか?でも「どうすればスプーンを上手に使えるようになるんだろう?」「どう教えるべきなんだろう?」と疑問に思うママも少なくありません。

今回は、スプーンデビューの方法や使えるようにするための方法を解説していきます。

<h2>成長に合わせた持ち方が基本</h2>

私たちがスプーンを持つ時ってどんな風に持っていますか?握りしめるというよりは鉛筆のように持っていると思います。

ですが、子供にとって最初からその持ち方で口に運ぶのは難しいのです。大人になれば難なく行うことができる行為でも、そもそもスプーンを持ってそれを口元に運ぶというのはとても大変な作業です。

ですので、最初から持ち方にこだわるのではなく成長に合わせて持ち方を変化させてあげることが大切です。

<h2>まずは握りスプーンから</h2>

これはスプーンを握る感じでも下から握る感じでもいいのですが、最初は上から握るようにする方が子供としてはやりやすいかもしれません。

腕全体で食べる印象ですが、まずはスプーンで口元に食べ物を運ぶということを覚えてもらうことがここでのポイントになります。

手掴みとの平行になるかもしれませんが、最初のうちは両使いで問題ありません。ただ、スプーンで口に運べた時にはしっかり褒めてあげましょう。スプーンを使うことが楽しくなれば自然とスプーンで食べるようになるはずです。

<h2>慣れてきたら大人と同じ持ち方に</h2>

スプーンで十分に食べれるようになったらいよいよ大人のような持ち方を教えてみてください。まずは手を導いてあげて持たせてあげましょう。

最初は上手く持てずに癇癪を起こしてしまうお子さんもいるかもしれませんが、大丈夫です。焦らずじっくり見守ってあげてください。

そして、子供は大人の行動に目を光らせています。ですので、スプーンで何かを食べているところを見せてあげるだけで真似することからはじめます。

そのうちに上手にスプーンを使えるようになります。ただ、スプーンは本人に興味がないと意味がないので無理矢理にすすめるのはやめましょう。やりたがった時に一緒になってスプーンの練習をしてみてください。

Q:Q,ハイハイはいつまで させるべきでしょうか?

A,赤ちゃんの成長の1つでもあるハイハイですが、そもそもいつまでにさせるべきだろうかと頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか?

そして、早い子はとても早い段階でハイハイをはじめます「自分の子はいつだろう?」と思う気持ちはわかりますが、そもそもいつまでにハイハイさせるべきなのか気になっている人も多いはずです。

そこで今回はいつまでにハイハイするべきなのかその基準を解説していきます。

<h2>基本的には生後7ヶ月~生後10ヶ月</h2>

一般的には約9割の赤ちゃんが、生後7ヶ月~生後10ヶ月にハイハイをはじめると言われています。ですが、赤ちゃんの成長には個人差があるので、この間にしなくてはいけないというものではないんです。

統計をとってみるとこの期間にハイハイを行なっている赤ちゃんが多いというだけなので「うちの子は10ヶ月を越したのにハイハイできていない…」と悩む必要はありません。

<h2>赤ちゃんがハイハイをしない原因がある?</h2>

赤ちゃんは体の成長に合わせて自然とハイハイをするようになるものですが、ハイハイをしない原因を作ってしまっている場合もあるのでご紹介します。

  • ハイハイするスペースがない
  • ハイハイのコツがつかめていない
  • まだハイハイするための筋力がついていない

上記のような理由があるので、それぞれ解説していきます。

<h2>スペースがなくて練習できてない</h2>

ハイハイをするためにはある程度のスペースが必要になります。逆をいえば、ハイハイするスペースがあまりにないとハイハイは上達しませんし、結果的にハイハイできません。

もし、床などにものが多いと感じるのであれば、ものを少し片付けてみると感じが変わるかもしれません。

<h2>どんな風にハイハイすればいいのかわからない</h2>

ハイハイする前にはある程度前兆があります。例えば、ズリバイといって匍匐前進のような動きをすることがありますが、ここまでくるとハイハイは目前です。

ですが、ズリバイができず前に進めていない…そんなときは、もしかすると前に進む方法がわからないのかもしれません。

ですので、パパやママの手で足を自然にフォローして蹴らせてあげることで前に進む感覚を覚えさせると一気にハイハイするようになる可能性があります。

<h2>ハイハイするための筋力がついていない</h2>

赤ちゃんのサイズは人それぞれ…というのと同じで、赤ちゃんの成長にもかなり個人差があります。

つまり、一般的にできるようになる月齢だからといって必ずできるわけではないのです。よって、もし10ヶ月までにハイハイをするようにならないからといって焦る必要は全くありません。

むしろ、気になるようならかかりつけ医に聞いてみるのもいいでしょう。それぞれのタイミングでハイハイをするようになるので、安心して見守るようにしてください。

Q:Q,食事中座って食べてくれません。正しい食事中の食べ方を教えてください

A,食事中のマナーというのは誰でも気になるものです。特に子供は、落ち着きがなく食事中に座って食べられないというのは親としては悩みの種に感じてしまうものです。

今回は、食事中に座って食べられない原因と解決策を解説していきます。

<h2>子供が食事中立ってしまう原因は親にもある?</h2>

子供がたくさんご飯を食べてくれることほど親として嬉しいことはありませんが、なぜか食事が終わる前に立ってしまう…その原因には下記のようなものが考えられます。

  • そもそもお腹がいっぱい
  • 出している量が多い
  • 大好きなおもちゃが近くにある
  • テレビがつきっぱなし
  • 大人が食事に集中していない

上記のようなことが、子供が食事中に立つ原因になっていることがあります。それぞれ大きな部類に分けて紹介してみます。

<h2>食事の内容が原因の場合</h2>

子供には好き嫌いなくたくさんのものを食べてほしいあまり量が多すぎることはありませんか?子供は大人ほどは物理的に食べることができません。

つまり、席を立ってしまうのはお腹がいっぱいだからということになります。作っている方としては「まだ残っているのに立って…」と思うかもしれませんが、お腹いっぱいでは食べることができません。

ですので、食事の量を見直すことが大切です。また、食事の量が適切な場合は食事前におやつなどを食べていないか思い返してみてください。

おやつもお腹にたまるものなので、ご飯前にたくさん食べてしまうと結果的にご飯が食べられない原因になりかねません。見直しをしてしっかりご飯を食べてもらいましょう。

<h2>環境が原因の場合</h2>

ママやパパが忙しい毎日を送っているのは言わずもがなですが、そのせいもあってか今まで遊んでいたおもちゃが目の前にあるまま食事をおこなっていませんか?

自分が大好きなものがあるからこそ席を立ちたくなると思うとなんとなく理解できますし、テレビも同じことが言えます。

みたいが故に集中力が途切れてしまい、ご飯をやめ立ってしまう原因になるのでできるだけ子供の気を引くものは片付けておくのがおすすめです。

<h2>大人が原因の場合</h2>

最後に、親である私たちが原因の場合です。忙しいあまり、ついついながら食べになっていませんか?スマホをみていたり、何か書きものをしていたり…子供はそれが普通だと思ってしまいます。

つまり、食事は集中しなくても良いものと思ってしまうのです。ですので、食事に集中していないと思うならお子さんの様子をよく観察して、今欲しくないのか、何かに気をとられているだけなのかを判断することが大切です。

また、親も食事に集中している姿を見せることでいつのまにか身についていくものなので、気長にじっくりと食事の食べ方を教えてあげてみてください。

Q:Q,外遊びをさせたいのですが、どんな遊びがいいでしょうか?

A,外遊びは子どもたちの体力づくりだけでなく、ほかのお友達とさまざまなルールをもとに遊ぶことで、社会性や協調性なども身につけられます。

最近では、いろんな理由から外遊びをあまりしなくなってしまった子どもたちもいますが、ぜひ外でたくさん遊ばせてあげる機会を作って欲しいものです。

今回はそんな外遊びについて、どんな遊びをさせてあげればいいのか、紹介したいと思います。

【砂・砂場】

まず、砂を手で触ってみるだけでも立派な遊びです。

何度も手ですくっては、指の間からこぼしてみましょう。

慣れてくると、小さな山を作ったり、お水をかけたり。

砂が少し固まることが分かれば、おままごとセットでボールに入れたりお皿に盛ったりしても楽しめます。

【ブランコや滑り台】

個人差はありますが、2〜3歳くらいになるとブランコに乗れるようになります。

もちろん初めは不安定なので怖がるかもしれません。

お父さん・お母さんが背中をしっかりと支えてあげるようにして乗せてあげましょう。

また滑り台も同じく、慣れるまでは膝に乗せて一緒に滑ってあげるなどして、安全で楽しいものなんだと教えてあげてください。

ブランコや滑り台のように、公園の中に数個しかないもので遊ぶときには、ほかのお友達とシェアしたり、順番を待ったりする「ルール」も身につきます。

【ボール】

投げたり蹴ったり、拾ったりするボール遊びは、小さい子どもでも楽しめます。

その際、硬くて小さいボールは扱いにくいので、なるべく大きい(サッカーボールくらいのサイズ)そして柔らかいフワフワのボールで遊ばせてあげましょう。

【シャボン玉】

シャボン玉は昔でも今でも子どもたちに大人気の遊びです。

飛んでいくシャボン玉を追いかけたり、取ってみたりして楽しみましょう。

小さい子どもだとシャボンの液がお口に入ってしまわないかと心配する声もたくさん聞きます。

そんな時は、スイッチを入れると自動でシャボン玉が出てくるおもちゃが売られていますので、そちらを使ってみましょう。

【まとめ】

外遊びは、子どもたちの運動能力の発達には欠かせないものです。

私たち大人がこんな遊びでいいのかな?と思っている遊びでも、子どもたちには最高の遊び。

天気のいい日にはどんどん外へ出て、お家の中ではできない遊びを通して、運動はもちろんのこと、さまざまなルールにも触れながらたくさんのことを学ばせてさせてあげてくださいね。

Q:Q,騒いではいけない、公共の場で騒いでしまう子ども、対処法はありますか?

A,電車の中など、静かにしないといけないところで子どもが騒いでしまう。

最近では、こういったことが社会問題になっているケースもあります。

子どもはうれしいと騒いでしまう、だから仕方がない…と私たち親は思ってしまいますが、同時に子どもの声が騒音だと感じてしまう人がいたり、また騒いではいけないところだと認識させたいと思ったりするのも事実。

今回は、そんな静かにしなければいけない公共の場で、子どもが騒いでしまった時の対処法についてまとめましたので、今後の参考になればうれしいです。

【子どもが騒いでしまったときの対処法】

子どもが騒ぐのは自然なことだから仕方がないとはいうものの「静かにしないといけない場所がある」という社会的なルールがあるということも、小さいうちから教えていかなければいけません。

では、子どもが騒いでしまったとき、私たち親がすべき対処法にはどんなものがあるのでしょうか。

<騒いだときはきちんとした説明と注意をする>

子どもがうるさくしてしまったからといって「静かにしなさい!」「騒がない!」とだけ伝えるのはよくありません。

この叱り方は、子どもからすると「なんで?」となり、また繰り返し騒ぐことになってしまいます。

ですから、騒いではいけない、静かにしないといけない理由をわかるように説明してあげなければなりません。

「ここはお家じゃないの、本を読んだり、ゆっくり休んだりしたい人もいるから、静かにしようね。」など、その場にあった具体的な説明で、子ども本人が納得できるようにしてあげてください。

<親の態度次第で、周りのイライラが減少>

子どもが騒いでいる声を、騒音だと感じる人の中には、イライラしてしまう人もいます。

ですが、そういったイライラする感情も、騒いでいる子どもの親が示す行動次第で減少することがわかっています。

それは、子どもが騒いだときにしっかりと𠮟っているかどうか。

その親の態度だけで、イライラしてしまっている周りの人の気持ちは治まるのです。

ですから、子どもが公共の場で騒いでしまったときでも焦らず冷静に、きちんと叱るようにしましょう。

【まとめ】

小さい子どもが、嬉しさのあまり 騒いでしまうのは自然なことです。

ですが親は、そんな子どもたちに騒いでもいい場所といけない場所を教えていかなければなりません。

騒いでしまったときには、子どもにわかりやすくなぜ騒いではいけないのかを説明してあげましょう。

また、その場所へ行く前から、今日行くところは静かにしなきゃいけないところだから、騒がないようにしようね、と話しておくこともいいかもしれません。

できるだけ子どもも、周りの人も気持ち良く外出ができるように心がけたいですね。

Q:Q,お友達を噛んだり叩いたりしてしまいます。どうしつけをしたらいいでしょうか?

A,お友達と一緒に遊ぶようになってから「お友達を噛んだり叩いたりしてしまう」という悩みを抱えるお父さん・お母さんがいます。

自分の子どもがお友達を傷つけてしまうとき、私たち親はどうすればいいのでしょうか。

【なぜ噛んだり叩いたりするの?】

子どもがお友達を噛んだり叩いたりすることには、さまざまな理由があります。

<自分の言いたいことや思いが伝えられない>

「一緒に遊びたいのに…」「お腹が空いているのに…」という欲求や、ただ単に「暑い・寒い・痛い・眠い」など気持ちや気分が悪いときなど、自分の思いがうまく伝わらないときにお友達を傷つけることがあります。

<お友達に攻撃された、攻撃されると思った>

「遊んでいたおもちゃを取られた」「叩かれた」など実際に攻撃されたとき。

また、近づいてくる子どもに「おもちゃを取られてしまうんじゃないか?」「攻撃されるんじゃないか?」と感じてしまっただけのときにも、自分を優位に立たせるため噛んだり叩いたりすることもあります。

<感情がコントロールできない>

ここでいう感情とは、嬉しすぎるなどのポジティブな感情、そしてイライラしているときなどのネガティブな感情、どちらも当てはまります。

楽しすぎてテンションが上がり、キャーっとなり手が出る。

イライラが爆発してしまい、攻撃する。

このどちらの感情もコントロールできず、お友達を傷つけてしまうのです。

【お友達を傷つけてしまったときの対処法】

理由はどうであれ「お友達を傷つけてしまうことはダメなこと」というのを本人に伝えなければなりません。

その際、必ず気を付けて欲しいことがあります。

それは「傷つけたその場で叱る!」ということ。

あとでゆっくり叱ろうと思い、家に帰ったあとで言われても本人は忘れてしまっているでしょう。

ダメなことをした、その点について叱る必要がある場合は必ずそのときに、その場でしっかり理解できるよう、叱ってあげましょう。

また「これが欲しかったの?」「これが嫌だったの?」と子どもの気持ちを確かめた上で「でも叩いちゃダメなんだよ」「ちょうだいって言ってみよう?」と伝え方を教えてあげましょう。

そして傷つけたお友達に「ごめんね」と謝らせるのを忘れないようにしてください。

【まとめ】

子どもがお友達を傷つけてしまう理由と、対処法について紹介しました。

言葉で気持ちをしっかりと伝えられるようになるまでは、行動で思いをぶつけてしまう子どももいます。

そんな行動を見つけたときには、きちんと説明し理解させた上でお友達に謝らせましょう。

またお父さん・お母さんもしっかりと子どもさんを観察して、上手に感情をコントロールできるよう手助けをしてあげてくださいね。

Q:Q,お友達のおもちゃを奪い取ってしまいます。どう対応すればいいですか?

A,「あれもこれも欲しい!」好奇心たっぷりな子どもたちは、自分の周りにあるものすべてに触れたい、見たいという感情に溢れています。

そんな感情の高ぶりから、お友達が遊んでいるものにまで興味が湧き、奪い取ってしまう子どももたくさんいます。

何回ダメだと言っても繰り返してしまう、そうこうしているうちにお友達と遊ばせるのが億劫になってしまった…というお父さんやお母さんもいるかもしれません。

今回は、そんな奪い取ってしまう子どもへの対処法について紹介しますので、少しでも参考になれば嬉しいです。

【なぜ繰り返しお友達のおもちゃを奪うの?】

「どうしても欲しい、けど言葉では言えないから奪う…」お友達が持っているおもちゃを奪い取ってしまうことは、どの子どもに経験があると思います。

ですがそれは「やってはダメ」ということをきちんと子どもに理解させて、もう繰り返さないようにしなければなりません。

いくらダメだと伝えても、奪うことを繰り返してしまう。

もしかすると、こんな叱り方をしていませんか?

<なんで取るの?と理由を追求している>

おもちゃを取ったことについて「なんで?」と聞かれると子どもは困ってしまいます。

なぜなら、理由はただ単に「そのおもちゃが欲しかったから…。」

親はその理由を踏まえて、そうやって取っちゃダメなんだよということを伝えなければなりません。

<叱るだけで終わっている>

「取っちゃダメ!」と叱るだけ叱って終わりになっていませんか?

なぜ取っちゃダメなのか、どうやって手に入れたらいいのか、その方法を教えてあげなければまた繰り返し奪ってしまいうことになります。

【おもちゃを奪ってしまうときの対処法 】

お友達のおもちゃが欲しくて奪ってしまった…そんなときはその場で「いきなり奪ってしまうのはダメだよ、自分も取られたら嫌でしょ?」と子どもにダメな理由を理解させます。

そして次に「欲しいときはこうやってお友達から貸してもらおうね」と、貸してもらうときのルールも一緒に教えてあげましょう。

少し話せる子どもには「貸してちょうだい」という言葉を。

まだ上手に話せない子どもには「ちょうだい」というジェスチャーを。

家の中でもこうしたルールを徹底させて日常生活に取り込んで、外でも同じようにできるよう仕向けてあげましょう。

【まとめ】

お友達のおもちゃを奪ってしまう子どもへの対処法について、親の注意点と対処法を紹介しました。

「どうしても欲しい」と思う好奇心は、子どもの成長には欠かせない感情のひとつです。

その感情をうまく相手に伝えられるようになるため、ぜひ日常的にお家でも「ちょうだい」の練習を取り入れてみてくださいね。